Shopifyでポイント機能を実装するには?方法とおすすめアプリを紹介!

Shopifyの標準機能にはポイント機能は含まれていません。ポイント機能導入アプリを活用すれば、実装できます。

ポイント機能は、リピーターの獲得や客単価・LTVの向上、顧客の囲い込みに役立ちます。

この記事ではそんなポイント機能について、おすすめのアプリ紹介を交え、解説します。

ポイント機能の活用を検討されている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

【2023年】ECプラットフォーム10社を徹底比較!ECカオスマップ資料

ECサイトの構築にはECプラットフォームが欠かせません。こちらの資料では合計10社のプラットフォームの導入費用や機能について簡単に比較できるようにまとめました。

これからECサイトの構築やリプレイスを検討されているご担当者様は、こちらのボタンからECカオスマップ資料をダウンロードいただき、ぜひ比較検討にお役立てください!

\主要ECプラットフォームを一括比較!/

この記事でわかること

Shopifyのポイント機能導入アプリおすすめ5選

Shopifyでポイント機能を実装する場合は、ポイントアプリを活用する必要があります。

Shopifyにはポイント機能は標準機能に含まれていないため、現時点ではアプリで追加する方法しかありません。

  • EasyPoints
  • MR.POINT
  • Loyalty, rewards and referrals
  • Poing Pong(ポインポン)
  • どこポイ
POINT
  • Shopifyにはポイント機能が標準搭載されていない
  • ポイント機能を実装するためには、Shopifyアプリケーションとの連携が必要

1. EasyPoints

画像引用:公式サイト

「EasyPoints」は日本企業が開発した、シンプルで使い勝手のいいアプリです。

アプリをインストールすれば、簡単にポイントシステムを実装できます。ポイントの還元率、付与タイミングも管理画面から簡単に設定可能です。

海外製のアプリの場合、ポイントを使おうと思うと、ポイントをクーポンに交換する手間がかかります。このEasyPointsはクーポンに交換することなく、ポイントをそのまま利用可能です。

英語・日本語の両方の利用ができるため、越境ECにも対応しやすく、ポイントキャンペーン開催や付与条件のカスタマイズも比較的簡単に行えます。

無料と有料合わせて4つのプランが用意されています。

スクロールできます

フリー

ベーシック

プロ

エンタープライズ

月額料金

無料

50ドル

180ドル

425ドル

アクティブ顧客上限

300人

500人

2,000人

5,000人

2. MR.POINT

画像引用:公式サイト

「MR.POINT」はコーディング不要で簡単にポイント機能を実装できるアプリです。

アプリをインストールすれば、手軽にポイント機能を導入できます。会員ごとにポイント付与率を設定でき、事業者のニーズに合わせた自由度の高いポイント施策の実施が可能です。

また、ブランドイメージのサイトカラーに合わせて、デザイン設定が行えるため、サイトのイメージに統一感を持たせることができます。

3つのプランと、10日間無料のトライアルプランが用意されています。

FREE(10日間無料)

STANDARD

PREMIUM

ENTERPRISE

月額料金

無料

26ドル

40ドル

60ドル

月間注文数上限

なし

500件

1,000件

2,500件

3. Loyalty, rewards and referrals

画像引用:公式サイト

「Loyalty, rewards and referrals」は、登録時や購入時、紹介、誕生日など、さまざまなタイミングでポイント付与できるよう、条件設定できるアプリです。

割引キャンペーンも管理画面から簡単に行うことができます。日本語と日本円にも対応しており、他のアプリとの互換性もあります。

無料含め4つのプランが用意されており、14日間の無料体験期間があります。

FREE PLAN

SMALL BUSINESS

CLASSIC

ADVANCED

月額料金

無料

159ドル

399ドル

729ドル

月間注文数上限

800件

800件

2,000件

4,000件

4. Poing Pong(ポインポン)

画像引用:公式サイト

「Poing Pong(ポインポン)」は、ポイント機能や商品レビュー機能を簡単に導入できるアプリです。

会員登録、商品購入、レビュー投稿の3回に渡り、ポイントの付与が可能で、リピート率をあげつつ、レビューの収集が可能です。ポイント付与量もそれぞれ設定できます。

プランは有料のベーシックプラン1つで、月額20ドルです。14日間の無料体験期間が用意されています。

5. どこポイ

画像引用:公式サイト

「どこポイ」は1円単位での細かいポイント付与設定ができるアプリです。

Shopify Flowのトリガーとアクションにも対応しており、Shopify Flowを活用した施策を行いたい場合に最適です。

会員ランクに応じたポイント付与率の設定や、分析ツールも備わっています。

プランは無料含め4つの用意があり、14日間の無料体験期間があります。

ライト

ベーシック

プロ

エンタープライズ

月額料金

無料

49ドル

199ドル

997ドル

ユーザー数上限

100人

1,000人

2,000人

無制限

Shopifyポイントアプリの選び方

Shopifyのポイントアプリを選ぶ際には、下記の4つの点に注意しましょう。

  • 日本語に対応しているか
  • ポイントの仕組みがシンプルか
  • ユーザーが利用しやすいか
  • ポイント効果の測定や分析ができるか

1. 日本語に対応しているか

Shopifyには、海外で開発されたアプリが多くあり、日本語に対応していないことがよくあります。

中には日本円に対応していない場合もあり、アプリの選定には注意が必要です。

もちろん、日本企業が開発したアプリであれば、日本語・日本円ともに対応しており、海外アプリでも対応しているものはあります。

日本語・日本円に対応したアプリ選びを心がけましょう。

2. ポイントの仕組みがシンプルか

ポイント設定の管理がシンプルで、直感的に操作できるアプリを選びましょう。

複雑なコード編集が必要となるアプリを導入すると、アプリ設定時のタスクが増え、専門知識のあるエンジニアが必要になる場合があります。

キャンペーンなども簡単に行えるものが良いでしょう。

3. ユーザーが利用しやすいか

ユーザーにとっての利用しやすいポイントシステムの導入は非常に重要です。

これまでに獲得したポイントを簡単に確認・使用できるシステムがあるか確認しましょう。

特に海外アプリの中には、決済時にポイントを一度クーポンに引き換えないと使えないようなものもあり、その分の手間がかかります。

できれば、ポイントを直接使えるアプリの方がユーザビリティは高いと言えます。

4. ポイント効果の測定や分析ができるか

効果的な運用と改善のために、効果測定や分析ができるかを確認しましょう。

ポイント機能は売り上げアップに繋がりやすいですが、効果測定や分析を行わないと、適切な改善が行えません。

例えば、ポイントの還元率を高めるキャンペーンを行ったとして、思うような効果を上げられなかった場合には適切な改善を行う必要があります。改善を行う場合、当然原因の特定が必要です。このような場合に効果測定や分析の機能があれば非常に便利です。

Shopifyにポイントを導入すると期待できるメリット

Shopifyにポイントを導入すると期待できるメリットは以下の3点です。

  • リピーター獲得
  • 客単価・LTVの向上
  • 顧客の囲いこみ

1. リピーター獲得

ポイントの導入で期待できる一番大きなメリットは、リピーターの獲得です。

ポイントを貯める目的、もしくは使う目的で再度ECサイトを訪れ、購入を行うユーザーは少なくありません。

ポイントに有効期限を設ければ、ユーザーは期間内にポイントを利用しようとサイトを訪れ、ポイントの利用率と売り上げを上げることに繋がります。

初回購入時に必ず会員登録を行う設定にしておくと、ポイント機能とメールを活用した効果的なマーケティングを行うこともできます。

リピーターの獲得は売り上げの安定にもつながるので、積極的にポイント機能を活用しましょう。

2. 客単価・LTVの向上

ポイントは客単価やLTVの向上にも役立ちます。

「一定額以上の購入でポイント5倍」や「一定額の利用でポイント付与率アップ」といったキャンペーンを行うと、「買うならポイントを多くもらえる今」という心理状態を作ることができ、条件を満たすために、いつもより多い金額の購入を促せます。

客単価が上がり、リピート購入も増えれば、自然とLTVも向上します。集客施策の選択肢も増え、その分売上にも反映されやすくなります。

3. 顧客の囲いこみ

他商品やサービスに乗り換える顧客離れの防止にもポイント機能を活用できます。

ポイントが貯まっていると、他の商品が多少魅力的に映ったとしても、「ポイントが貯まっているし、もう一度購入したい」という心理が働き、顧客離れの防止に繋がります。ポイント機能がない場合は、すぐに魅力的に映った別商品の購入に乗り換えてしまうでしょう。

囲い込みにより、ユーザーが継続購入してくれれば、顧客データが蓄積していき、商品開発やマーケティングに活用できるようになります。

Shopifyのポイント機能を最大化するためにも!ECサイト構築のコツ

Shopifyはアプリケーションを追加することで、ECサイトの運営に必要な様々な機能を気軽に実装することができます。スクラッチ開発が前提のECプラットフォームを利用している場合、追加機能の実装に大きな工数と費用がかかるため、この点はShopifyの魅力だと言えるでしょう。

一方でShopifyのアプリケーションは8,000種類を超え、EC担当者はその中から自社に最適なアプリを選定・利用しなければなりません。海外のアプリを選ぶと日本語に対応しておらず、英語力を要する場合もあります。

Shopifyに精通した信頼できるパートナー企業に依頼しよう

そこで、Shopifyの構築・運用に失敗しないために、Shopifyに長けた専任の企業に一部業務を依頼することが得策です。Shopifyでのストア構築やサポートに定評のある企業のみが認定されるShopify Plusパートナーなら、確かな実績とノウハウに裏打ちされたサポート力を持っています。

ECサイト構築のノウハウを詰め込んだTUNAの「THE EC缶」を提供する弊社、株式会社リゾートもShopify Plusパートナーに認定されています。運営後のサポートなどを行う「OPTION缶」の用意も充実しており、ECサイトの構築から運営のサポートまで、一気通貫で提供しております。

すこしでも興味を持っていただけたなら、ぜひ営業担当まで一度お問い合わせください!

Shopifyのポイント機能まとめ

Shopifyにポイント機能を実装する場合は、アプリを活用する必要があります。

今後ポイント機能が搭載される可能性はありますが、今のところ、Shopifyの標準機能にポイントは含まれていません。

リピーターの獲得、客単価・LTVの向上、顧客の囲い込みを行うためにも、ポイント機能を活用して、ECサイトの安定した運営を目指しましょう。

もし、ポイント機能の運用や、Shopifyストアの構築で相談したいことがありましたら、ぜひTUNAまでお問い合わせください!

【2023年】ECプラットフォーム10社を徹底比較!ECカオスマップ資料

ECサイトの構築にはECプラットフォームが欠かせません。こちらの資料では合計10社のプラットフォームの導入費用や機能について簡単に比較できるようにまとめました。

これからECサイトの構築やリプレイスを検討されているご担当者様は、こちらのボタンからECカオスマップ資料をダウンロードいただき、ぜひ比較検討にお役立てください!

\主要ECプラットフォームを一括比較!/

この記事をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること